キャッシング 審査 仮審査 本審査

MENU

キャッシングには仮審査と本審査がある!その違いと注意すべき点とは

キャッシングの審査を受ける予定のある人は、おそらくインターネットでどういった経緯を経て融資を受けられるのか調べてみたのではないでしょうか。

 

するとキャッシングの審査には、仮審査と本審査の2種類があることに気づくはずです。

 

そして、仮審査に通れば必ず融資を受けられるのか、どういったところに違いがあるのか、様々な点について疑問を抱くでしょう。

 

このページでは、キャッシングの仮審査と本審査についてどこよりも詳しく解説していきます。

 

これからキャッシングの審査を受ける予定の人は、ぜひ最後まで目を通しておくことをオススメします。

 

キャッシングには仮審査と本審査がある!借入診断は仮審査とは違う!?

なんどもしつこくなりますが、キャッシングには仮審査と本審査があります。
また、仮審査と借入診断はまったく別物ということを理解しておくべきでしょう。

 

各キャッシング会社の公式HPを確認してみると、借入診断(10秒診断・3秒診断など様々な名称があります)を用意してくれているところが大半です。
借入診断では、個人情報の入力は不要ですが、基本的に以下の項目について入力します。

 

・年収
・借入件数
・借入残高

 

借入診断では、あくまで最低限の入力項目で、申込者が審査を受ける資格があるか調べることができます。

 

上記の項目を設けている理由は、貸金業法の総量規制が関係しています。
※貸金業法の総量規制は、消費者金融のカードローンやクレジットカード会社のキャッシング枠に対して制限を設けています。

 

貸金業法の総量規制では、年収の1/3以上の融資を禁止していますので、該当者は審査に申し込みしたところで絶対に通ることはまずないでしょう。
したがって、年収300万円の人がすでに他社から100万円借入している場合は、法律上の理由から審査に通らないのです。
借入診断は参考程度にしかなりませんので、「融資できる可能性があります」と画面に表示されても審査に通ることが確定したわけではありません。

 

以上のように仮審査=借入診断ではないという点について注意しましょう。

 

キャッシングの仮審査の内容は?銀行と消費者金融に大きな差はない

それでは、キャッシングの仮審査の内容について解説していきましょう。

 

仮審査は、借入診断に比べてより一層詳しく個人情報の入力をしなければならず、以下の項目について入力しなければなりません。

 

・住所
・氏名
・年齢
・電話番号
・年収
・保険の種類
・勤務先
・職業形態
・雇用形態
・家族構成
・居住情報

 

上記の項目 を点数化したうえで、各キャッシング会社の審査通過基準に達していれば、仮審査に通る可能性は高いでしょう。
こういった個人情報の採点システムを属性スコアリングと呼び、ほぼすべてのキャッシング会社が採用しています。

 

ただ、属性スコアリングが優れていても、個人信用情報機関の情報によっては落ちる可能性が高くなります。
個人信用情報機関は、過去にキャッシング・クレジットカード・その他様々なローンを利用した経験のある人は、気をつけなければなりません。
※個人信用情報機関は、CIC/JICC/全銀協の3つが指定機関です。

 

もちろん利用した履歴はなんの問題にもなりませんが、延滞・滞納・債務整理などを行った人は、いわゆるブラックリスト記載の人になっています。
正確には、ブラックリストは存在しませんが、「異動情報」がそれに該当します。
個人信用情報機関の履歴は、属性スコアリング以上に重要視しているキャッシング会社が大半で、ブラックの人はかなりの確率で審査に落ちてしまうでしょう。
一部のキャッシング会社は個人信用情報機関を加味しないところがありますが、大手消費者金融や銀行のキャッシングはすべて重要視していると考えて大丈夫です。
属性スコアリング項目の入力と個人信用情報機関の開示請求が、仮審査の内容になります。

 

消費者金融と銀行の仮審査の違いは厳しいかどうか!

消費者金融と銀行の仮審査の違いは、基本的に差はありませんが、消費者金融に比べて銀行は仮審査に通るだけでは油断できません。
正直のところ消費者金融は仮審査に通ればほぼ大丈夫ですが、銀行は仮審査に通っても本審査で落ちることは珍しくありません。
理由は、銀行のキャッシングは保証会社を設けていることです。

 

仮審査時にお金を貸しても大丈夫だろうと銀行が判断しても、保証会社が保証しなければ審査に通すことはありません。
また、個人的に保証会社不要でお金を貸して欲しいと銀行に頼んだところで、絶対に許可が下りることはありませんので、あきらめるしかないでしょう。

 

キャッシングの本審査の内容は?仮審査よりも厳しく審査している?

キャッシングの本審査は、仮審査よりも厳しく審査しています。

 

厳しく審査している内容は、以下の点についてです。

 

・本人確認の書類提出
・収入証明の書類提出
・勤務先に在籍確認

 

上記の内容に問題がなければ本審査に通りますが、問題点が発見されれば本審査に落ちてしまいます。

 

本審査の性質上、仮審査時に入力した属性スコアリングに間違いはないか調べています。

 

本人確認書類や収入証明書類の提出は問題ないことが多いですが、勤務先の在籍確認で失敗してしまう人が少なくありません。

 

勤務先の在籍確認の失敗では、職場の電話に対応した人が申込者の存在を知らなければ「○○という者は在籍しておりません」と答えてしまうため、キャッシング会社は申込者がウソを入力したと判断して審査に落とします。

 

したがって、在籍確認のある旨について職場の人に伝えておくことが大事かもしれません。

 

キャッシングの審査の確認とは言わずに、クレジットカードの審査や知人の保証人の審査で電話があると伝えておけば、職場の人にお金を借りようとしているとバレることはないでしょう。

 

また、一部のキャッシング会社(アコムなど)では、在籍確認の代わりに在籍証明書の提出を行えば電話確認を回避することができます。

 

 

キャッシングの仮審査に通れば本審査に通ることは確定?確率は高いが決して確定しているわけではない!?

キャッシングの仮審査は本審査以上に大事ですが、仮審査に通れば本審査に通ることが確定しているわけではありません。

 

上記の項目でも説明しましたが、本審査では仮審査の申込内容に不備がないことを確認していますので、不備があれば審査に落ちてしまいます。
また、銀行のキャッシングは本審査時に保証会社が審査を行いますので、保証会社が申込者を保証しない場合は落ちてしまいます。
したがって、キャッシングの仮審査に通れば本審査に通る可能性はとても高いですが、絶対に通るだろうとは過信しないようにしましょう。
また、仮審査通過時にキャッシング会社から連絡があり、仮の限度額といった契約条件を教えてくれます。

 

もしも契約条件に不満があれば、本審査に進むことを断れます。
本審査に進むことを断れば、個人信用情報機関に本審査に進まなかったことを入力されます。

 

後々にキャッシング会社の審査を受けたときに、審査担当者が「どうして本審査に進まなかったのだろう」と疑問を持つかもしれませんので、よほど事情がないかぎりは本審査を受けるようにしましょう。

 

【まとめ】キャッシングは本審査に通らなければお金を借りられない!仮審査通過でも気は抜かないで!

 

以上に説明してきましたように、キャッシングは本審査に通らなければお金を借りることはできません。

 

したがって、仮審査に通過したあとでも気を抜かないようにしましょう。

 

気を抜いても審査結果に差はないと思うかもしれませんが、たとえば本審査の書類提出で不備があったり、在籍確認の電話連絡で事前に手回しをしなかったりした場合は、せっかく審査に通っていたのに落ちてしまうこともあります。

 

これからキャッシングの審査に申し込む予定の人は、まずは借入診断の項目を試してみて、そのうえで正確に情報を入力して仮審査から本審査と進むようにしましょう。
また、キャッシングの審査に落ちてしまった場合、他のキャッシング会社の審査を受けたところで通らない可能性があります。

 

理由は、貸金業法の総量規制の対象者だったり、返済能力がなかったり、と色々予想することはできますが、短期間に複数のキャッシング会社の審査に申し込みした人は、個人信用情報機関の申し込みブラックになってしまいます。

 

短期間とは具体的に1ヶ月以内で、3社以上のキャッシング会社の審査に申し込んだ人が対象です。

 

申し込みブラックは、約6ヶ月間は保持していますので、よく考えたうえで審査に申し込みするようにしましょう。

 

 

 

アコム

キャッシングには仮審査と本審査がある!その違いと注意すべき点とは

  • 受付時間:8:00〜21:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
ガイダンスに従い、タッチパネルを操作。困った時はオペレーターに相談ができるので、初めての方でも安心です。

キャッシングには仮審査と本審査がある!その違いと注意すべき点とは

プロミス

キャッシングには仮審査と本審査がある!その違いと注意すべき点とは

  • 受付時間:9:00〜22:00※一部21:00まで
  • 土日・祝日:可
タッチパネルでスムーズに申込み。受付時間は9時〜22時(一部21時まで)と融通が利くので、ゆとりを持って申込が可能です。

キャッシングには仮審査と本審査がある!その違いと注意すべき点とは

アイフル

キャッシングには仮審査と本審査がある!その違いと注意すべき点とは

  • 受付時間:9:00〜21:00
  • 土日・祝日:可
「配達時間えらべーる」を利用することで、本人様限定配送で希望の時間にカードの受取が可能なので、家族にバレる心配がありません。

キャッシングには仮審査と本審査がある!その違いと注意すべき点とは

レイクALSA

  • 受付時間:9:00〜24:00(平日・土曜)
  • ※初めての場合は8:00〜22:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
  • ※融資日時は店舗によって異なります
 「借り入れ全額30日間無利息」か「借り入れ額5万円まで180日間無利息」かが選べます!

キャッシングには仮審査と本審査がある!その違いと注意すべき点とは

関連ページ

キャッシングするなら無人契約機で誰にもバレずに即日融資
大手の消費者金融には無人契約機と呼ばれる自動契約機があります。アコムで言う「むじんくん」がそうですね。無人契約機をフル活用してバレないキャッシングをしてみましょう。
キャッシングの審査は1時間で何を見ているのか?
最近の消費者金融はとにかく審査時間が短いのが特徴の1つです。申し込みから審査、融資まで1時間で完了という業者も存在しており、即日融資もいまや即時融資に近くなってきています。
土日祝など休日の急な出費にも審査から融資まで行えるキャッシング会社はある?
急な出費でお金がない。でもすぐにお金を借りたい。平日はもちろん土日祝でも審査から融資まで即日対応可能なキャッシング会社について解説してます。
キャッシング枠とショッピング枠の違いと利用時の注意点
クレジットカードのキャッシングを利用する方も多いとは思いますがショッピング枠との明確な違いは理解できていますか?分かりやすく解説していきます。
キャッシングの限度額を増やす方法とは
口座なしでも借りられるキャッシングはあるの?
低金利な銀行カードローンの広告に惹かれてみてみると【口座必須】ということが分かって即日融資を諦めたりしたことないですか?口座なんてなくても作れるキャッシングを紹介します。
口座の残高不足には、自動融資のキャッシング!安心しすぎには要注意!
銀行の口座と連動したキャッシングは非常に便利です。その便利な機能のひとつに自動融資がありますが、使い方を間違えると非常に危険ですのでしっかり理解しておきましょう。
在籍確認なしのキャッシングは法的にない!会社にバレない方法ならあります【裏技】
キャッシングをした時に会社への在籍確認はみなさん気になるところだと思います。周りにバレてしまうきっかけにならないか・・・バレたら変な噂がたつんじゃないか・・・そんなことを防ぐ方法もあります。
パート・アルバイトがキャッシングの審査に通るために必要なこと
パートやアルバイトでもキャッシングをすることはできます。しかし、会社員や公務員と比べれば審査に通リ憎いのは間違いありません。通るために最低限必要なことは覚えておきましょう。
キャッシング審査が通らない!信用情報の開示請求をしましょう
キャッシング会社やクレジットカードの審査をどこも通過できない!もしかすると知らぬ間にブラックリスト入りしているかも!?個人信用情報機関で登録されている信用情報の開示請求方法から金融事故情報まで詳しく解説しています。
キャッシング申し込みで職場や家族にバレない方法とは?
おかなを借りる時にカードローンやキャッシングを利用することがありますが、一番心配なのは職場や家族にバレてしまわないかということ。バレないための対策を伝授します。
収入証明不要っていくらまで?キャッシングに必要な書類について
収入証明不要って言葉はよく聞くけど実際にいくらまでなら不要なのか?また同時に準備しておくべきキャッシング申込の必要書類は?そんな書類関連を徹底解剖!
借りすぎ&貸しすぎ対策!総量規制について
キャッシングを利用する際、いくらでもお金を借りることができるわけではありません。法律を改正して融資上限額を年収の3分の1までとした「総量規制」について詳しく解説しています。