キャッシング枠 ショッピング枠

MENU

キャッシング枠とショッピング枠の違いと利用時の注意点

クレジットカードはショッピングをする時に利用するカード、というイメージがあります。

 

でも、実はショッピングの決済に利用できるショッピング枠の他に、クレジットカードにはキャッシング枠が設定されている場合があります。

 

今回は、一枚のカードにある2つの利用枠の違いや、それを利用する際の注意点について見ていきたいと思います。

 

 

基本を押さえて理解しよう!クレジットカードのしくみ

 

クレジットカードのcreditは信用、信頼を意味するのをご存知の方もいるでしょう。

 

クレジットカード会社は、文字通り利用者の信用を担保にショッピングの立て替え払いを行い、買い物の際に利用者が現金を持っていなくても、クレジットカードを提示してその場でサインをするか暗証番号を入力するだけで決裁を行うことができます。

 

多くのお金を持ち歩きたくない場合や、手元に持ち合わせがない場合、またネットショッピングをする場合の決済の手段として非常に便利なクレジットカードですが、一体どのような仕組みになっているのでしょうか?

 

利用者がクレジットカードを利用して商品を購入すると、クレジットカードの加盟店はカード会社に対してその代金を請求します。
その請求を受け、クレジットカード会社はカードの加盟店に対して利用者の商品購入代金の支払いをします。

 

一方、利用者はクレジットカードを利用して買い物などをした分の代金を後日カード会社に支払わなければなりません。
カード会社が定めた締め日で集計された利用代金は、主に指定日に利用者の銀行口座から自動振替によって回収されるというケースが多いようです。

 

通常、カードの利用代金はその月に利用した分を1か月単位で集計し、後日請求されます。
利用代金の精算は一回払いが基本ですが、2回払い以上に設定したり、リボルビング払いにしたりもできます。
また、大抵のクレジットカードは支払い回数が2回までは手数料が無料ですが、支払い回数が3回以上の分割払いになると手数料が発生します。

 

リボルビング払いは、高額な買い物しても一定の支払金額を設定しておけば毎月その金額を支払うだけで済みます。
もちろん手数料は発生しますが、支払い額が確定できるので使い方さえ間違えなければ計画的に予算を組むことができ大変便利です。
ただ、利用した金額に対してあまり小さな返済金額を設定してしまうと手数料が多額になってしまうので注意が必要です。

 

合わせて読みたい関連記事

 

どう違うの?キャッシングとショッピング、2つの利用枠

 

クレジットカードは無制限に決済できるわけではなく、利用者ごとに利用限度額が決められています。

 

クレジットカードは基本的にはお店やネットショッピングなどの買い物に利用するのが主な目的ですから、利用限度額は全てショッピングのための限度額だと考えてください。

 

例えばショッピング枠が50万円となっていればクレジットカードを利用して50万円までの買い物ができます。

 

ただし、クレジットカードによってはショッピング枠の範囲内で、ダイレクトにお金を借りられる「キャッシング枠」が設けられている場合があります。

 

ショッピング枠は買い物の支払い時に現金不要で使える予算の枠であり、キャッシング枠はATMなどを利用して直接お金を出金して自由に使える枠である、とイメージすれば分かりやすいでしょう。

 

両者は同じカードで提供されるサービスでありながら細かい部分で違いがありますので、それぞれの枠で利用できる金額などについて充分に理解を深めておくことが大切です。

 

では、クレジットカードのキャッシング枠はどのように設定されているのでしょうか?

 

例えばショッピング枠が50万円で、そのうちキャッシング枠が20万円のカードがあるとしましょう。

 

このカードを利用してショッピング枠で30万円使った時、残りの枠をショッピングにしか利用しないのであればショッピング可能額は20万円、同様に残りの枠をキャッシングにしか利用しないというならキャッシング可能額も20万円です。

 

またキャッシングに10万円を使ったとすれば、残りのショッピング可能額は40万円、キャッシング可能額は10万円になります。
つまり、キャッシング枠を利用すると、同時にショッピング枠を利用することにもなることが分かるでしょうか?

 

ですから、利用できる枠がトータルで50万円なら、ショッピングだけに利用する場合の上限は50万円ですが、キャッシングだけを利用する場合なら上限は20万円で、残り30万円分はショッピングにしか利用できません。

 

このように、クレジットカードにキャッシング枠が設定されることで、クレジットカードに対応していないお店での支払いにも利用できるというメリットがでてきます。

 

しかし、ショッピング枠利用時の手数料が多くの場合2回払いまでなら無料であるのに対し、キャッシング枠を利用した場合には必ず手数料が発生します。
キャッシングの金利手数料は消費者金融のカードローン並みに高く、少額しか借りられませんから、もしお金を借りる必要があればもう少し金利の低いカードローンを利用する方がよいかもしれません。

 

なお、利用しないキャッシング枠はカード会社に依頼して取り外すこともできます。

 

キャッシング枠とカードローンの相違点と相似点

 

クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠では決定的に異なる部分があります。

 

それは、利用する枠によって適用される法律が異なることです。
ショッピング枠には割賦販売法と呼ばれる法律が適用されますが、キャッシング枠には貸金業法が適用されます。

 

つまりクレジットカードのキャッシング枠は、カードローンなどと同じ個人向けの小口融資の取扱いになるといえます。

 

しかし、クレジットカードのキャッシング枠とカードローン、双方ともお金が借りられるサービスならどちらを利用しても同じかというと実はそうでもありません。

 

クレジットカードのキャッシング枠は、分割払いやリボ払い、またボーナス一括払いなど多彩な返済方法が利用できます。
しかし、キャッシング枠はいうならばショッピング枠に設けられているオプション機能ですから、融資額としては少額であることがほとんどです。

 

それに対してカードローンは、クレジットカードのキャッシング枠より大きな金額をリボ払いで支払うのが基本的な利用方法で、最初からお金を融資してもらうことを目的にカードを発行してもらいます。

 

一般に、クレジットカードのキャッシングの限度額は50万円程度、金利自体も18%程度に設定されていることが多く、その範囲内だと借入金額がいくらでも金利が変わることはほぼありません。

 

しかしカードローンの場合は借り入れる金額によって金利が変化していきます。
100万円以上の借り入れができれば利息制限法に従って上限金利は15%に下がりますし、それ以下の金利を設定している金融機関も数多くあります。

 

ただし、カードローンの方が大きな金額が借りられ、カードのキャッシング枠と比べて金利が低い分、審査は厳しいといえます。

 

似ているようで異なるキャッシング枠とカードローンですが、総量規制によって年収の3分の1までしか借り入れができないという点では条件が一致しています。

 

 

えっ!そうなの?知っておきたいクレジットカードの注意点

 

何の問題もなくクレジットカードを使っているうちはよいのですが、クレジットカードの利用代金の支払いを延滞してしまったり、クレジットカードが何らかの原因で強制解約になってしまったりすれば他のローン、例えばカードローンの審査などにも影響が及びます。

 

また、キャッシュカードの過払い金請求をするようなことがあれば、特に細心の注意を払う必要が出てくるでしょう。

 

例えば、クレジットカードの過払い金請求をすると、カードは解約扱いとなり、利用できなくなってしまいます。
公共料金などの引き落としはもちろん、付帯していたETC機能も利用できなくなりますので、過払い請求をする前には全ての変更手続きを行わなければなりません。

 

そして、過払い請求時には必ずショッピング枠に支払い残高がないことを確認してください。

 

クレジットカードのキャッシング枠で過払い金が発生していてお金が還ってくる場合、もしショッピング枠に支払い残高が残っていると、優先的にそちらへの返済に充てられてしまいます。
ところが、戻ってきた過払い金が残っていたショッピング枠の支払い残高をカバーできないと、借金の減額交渉をしている、つまり債務整理をしていると見なされてしまい、信用情報に事故情報として記載されてしまうのです。

 

他のクレジットカードもしばらくの間は利用することができるでしょうが、クレジットカード会社は定期的に信用情報機関に利用者の情報を照会しています。
どこかのタイミングで、利用者が使用している他社のクレジットカードが債務整理の対象になっていると判明すれば、以後カードを利用したり更新したりすることは困難になるでしょう。

 

その他、クレジットカード会社が保証会社となっている銀行カードローンを利用しているような場合に、その保証会社が発行しているクレジットカードの過払い金請求手続きをしてしまうと利用している銀行カードローンの契約に影響が及んでしまうこともあります。

 

例えば、みずほ銀行カードローンの保証会社はオリコですが、みずほ銀行カードローンを利用中にオリコカードの過払い金請求をすると、みずほ銀行カードローンの借り入れができなくなってしまい、返済のみを行っていくことになるようです。

 

クレジットカードは利便性も高く、様々なシーンで活用したいシステムですが、2つの枠をしっかり理解しておかないと思わぬトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

 

もし、クレジットカードについて分からない点があればカード会社や専門家に尋ねて、正しく使いこなしたいものです。

 

また、クレジットカードのキャッシング枠ばかり使っているというのであれば、金利も高くデメリットしかありません。
アコムアイフルプロミスなどの即日融資のキャッシングサービスのほうがお得にキャッシングできます。

 

 

キャッシング枠とショッピング枠の違いと利用時の注意点

アコム

キャッシング枠とショッピング枠の違いと利用時の注意点

  • 受付時間:8:00〜21:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
ガイダンスに従い、タッチパネルを操作。困った時はオペレーターに相談ができるので、初めての方でも安心です。

キャッシング枠とショッピング枠の違いと利用時の注意点

プロミス

キャッシング枠とショッピング枠の違いと利用時の注意点

  • 受付時間:9:00〜22:00※一部21:00まで
  • 土日・祝日:可
タッチパネルでスムーズに申込み。受付時間は9時〜22時(一部21時まで)と融通が利くので、ゆとりを持って申込が可能です。

キャッシング枠とショッピング枠の違いと利用時の注意点

アイフル

キャッシング枠とショッピング枠の違いと利用時の注意点

  • 受付時間:9:00〜21:00
  • 土日・祝日:可
スマホアプリを利用すればカードレスキャッシングが可能!あなたのスマホがカード代わりになります!

キャッシング枠とショッピング枠の違いと利用時の注意点

レイクALSA

  • 受付時間:9:00〜24:00(平日・土曜)
  • ※初めての場合は8:00〜22:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
  • ※融資日時は店舗によって異なります
5万円まで180日間無利息か今だけご契約額1万〜200万円まで60日間無利息のキャンペーン(9/1〜11/30)かが選べます!

キャッシング枠とショッピング枠の違いと利用時の注意点

関連ページ

キャッシングするなら無人契約機で誰にもバレずに即日融資
大手の消費者金融には無人契約機と呼ばれる自動契約機があります。アコムで言う「むじんくん」がそうですね。無人契約機をフル活用してバレないキャッシングをしてみましょう。
キャッシングの審査は1時間で何を見ているのか?
最近の消費者金融はとにかく審査時間が短いのが特徴の1つです。申し込みから審査、融資まで1時間で完了という業者も存在しており、即日融資もいまや即時融資に近くなってきています。
土日祝など休日の急な出費にも審査から融資まで行えるキャッシング会社はある?
急な出費でお金がない。でもすぐにお金を借りたい。平日はもちろん土日祝でも審査から融資まで即日対応可能なキャッシング会社について解説してます。
キャッシングの限度額を増やす方法とは
口座なしでも借りられるキャッシングはあるの?
低金利な銀行カードローンの広告に惹かれてみてみると【口座必須】ということが分かって即日融資を諦めたりしたことないですか?口座なんてなくても作れるキャッシングを紹介します。
口座の残高不足には、自動融資のキャッシング!安心しすぎには要注意!
銀行の口座と連動したキャッシングは非常に便利です。その便利な機能のひとつに自動融資がありますが、使い方を間違えると非常に危険ですのでしっかり理解しておきましょう。
在籍確認なしのキャッシングは法的にない!会社にバレない方法ならあります【裏技】
キャッシングをした時に会社への在籍確認はみなさん気になるところだと思います。周りにバレてしまうきっかけにならないか・・・バレたら変な噂がたつんじゃないか・・・そんなことを防ぐ方法もあります。
キャッシングには仮審査と本審査がある!その違いと注意すべき点とは
キャッシングの審査には仮審査と本審査があります。消費者金融と銀行での違いや気をつけておくべき注意点などを解説します。
パート・アルバイトがキャッシングの審査に通るために必要なこと
パートやアルバイトでもキャッシングをすることはできます。しかし、会社員や公務員と比べれば審査に通リ憎いのは間違いありません。通るために最低限必要なことは覚えておきましょう。
キャッシング審査が通らない!信用情報の開示請求をしましょう
キャッシング会社やクレジットカードの審査をどこも通過できない!もしかすると知らぬ間にブラックリスト入りしているかも!?個人信用情報機関で登録されている信用情報の開示請求方法から金融事故情報まで詳しく解説しています。
キャッシング申し込みで職場や家族にバレない方法とは?
おかなを借りる時にカードローンやキャッシングを利用することがありますが、一番心配なのは職場や家族にバレてしまわないかということ。バレないための対策を伝授します。
収入証明不要っていくらまで?キャッシングに必要な書類について
収入証明不要って言葉はよく聞くけど実際にいくらまでなら不要なのか?また同時に準備しておくべきキャッシング申込の必要書類は?そんな書類関連を徹底解剖!
借りすぎ&貸しすぎ対策!総量規制について
キャッシングを利用する際、いくらでもお金を借りることができるわけではありません。法律を改正して融資上限額を年収の3分の1までとした「総量規制」について詳しく解説しています。