パート アバイト キャッシング 審査

MENU

パートやアルバイトでも審査に通る!抑えておきたい最低条件とは?

消費者金融や銀行でお金を借りるためには、正社員として働いてなければいけないというイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。
たしかにキャッシングをするためには収入があることが必須条件ではありますが、正規雇用に限らずパートやアルバイトでもキャッシングをすることは可能です。
もちろん誰でも借りることができるというわけではなく、キャッシングをするためには必ず審査があります。
パートやアルバイトでキャッシングをしたいという方は、審査に通るために最低限抑えておきたいポイントを知っておきましょう。

 

 

キャッシングを利用するためには申込条件を満たしている必要がありますが、ほとんどの金融機関の申込条件に共通して記載されているのが「安定した収入があること」という項目です。
キャッシングを利用するためには収入があることが大前提ですが、収入がいくら以上という明記はされていません。
それよりも、審査に通過するためにはまずは毎月継続して安定的に収入が入ってくる状態であるということが重要です。
パートやアルバイトにも様々な勤務形態があり、正社員と同じように週5日働いている人もいれば、空いた時間を利用してスポットで日雇いの仕事をたまにしているという人もいます。
前者の場合は安定した収入があると言えますが、後者のような働き方は今後も一定の収入があるという保証も無く、返済できるという見通しも不透明であることから審査に通らない可能性は大きいでしょう。
また、転職を繰り返していたり、会社に入りたてで勤務年数が短いという場合も安定しているとは言い難いので、審査が不安な方は数ヶ月待ってから申し込むのも賢い方法です。

 

そして、金融事故を起こしていないというのもキャッシングの審査に通るための最低条件です。
債務状況は審査で重要視される項目の一つですが、いくら安定した収入があったとしても多重債務に陥っていたり、過去に金融事故を起こしている場合は審査に通過するのが非常に厳しくなります。
金融機関が審査をする際には、必ず申込人の債務状況を調査します。
この時に利用するのが信用情報機関です。信用情報機関では現在の借入の状況だけでなく、過去の情報も登録されており、審査の際には現況や金融事故がないか等を信用情報機関に照会するという仕組みになっています。
金融事故とは消費者金融や銀行などの借入やクレジットカードの利用中に返済が遅れたり、返せなくなった等の事故のことです。
今までに借入をしていたことがある方の中は、1度や2度、返済日を忘れていて入金が数日遅れてしまったという経験があるかもしれません。
しかし、これだけで審査に通過できなくなるわけではないので安心して下さい。
審査をする上で問題になるのは、長期の延滞履歴や債務整理個人再生自己破産任意整理)、短期延滞の繰り返しなどです。
これらの情報は信用情報機関に金融事故顧客として5〜10年間は掲載され、その間は借入をしたりクレジットカードを作ることもできなくなります。

 

また、信用情報センターには事故情報だけでなく審査の申込情報も登録されます。キャッシングの審査申込をした場合、その情報は6ヶ月間保管されます。
「どこの審査も通らなかったらどうしよう…」と不安になり、数を打てば当たるのではないかと複数の金融機関で申込をすると多重申込とみなされ審査に通りにくくなりますので、申込も慎重に行ないましょう。

 

 

事前準備でスムーズに申込!用意すべき書類はこれだ!

 

キャッシングの申込が初めての場合、手続きや書類を揃えるのが難しいのではないかと不安になりますが、実は用意する書類は多くはありません。
まず、申込者全員が必ず提出しなければならないのが本人確認書類です。
基本的に運転免許証を提出しますが、運転免許証を保有していなければ健康保険証やパスポート住基カードでもかまいません。
外国籍の方は在留カードか特別永住者証明書を併せて提出しましょう。

 

また、借入の希望額が50万円もしくは他社借入との合計が100万円を超えた場合は収入証明書の提出が必須条件となります。
収入証明書は以下のようなものが挙げられます。いずれか一つを提出しましょう。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税通知書
  • 所得(課税)証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書

お金が足りなくてすぐにでもキャッシングをしたいと思っていても、必要書類が全て揃っていなければ審査もストップしてしまいます。
特に収入証明書は勤務先や役所などから入手したり、取り寄せまでに数日かかるケースもありますので、申込に必要だとあらかじめ分かっている場合は先に用意をしておきましょう。
これらの書類を事前に準備をしておけば申込手続きもスムーズに進みます。

 

 

パート、アルバイトの人は消費者金融でのキャッシングがオススメ!

 

キャッシングは銀行や消費者金融など様々な金融機関で取り扱いがありますが、パートやアルバイトの方がお金を借りたいという場合は消費者金融がオススメです。
その理由は何といっても借入のしやすさです。
消費者金融は銀行系よりも金利は高いですが、その分審査には通りやすい傾向にあります。
パートやアルバイトの方が申込をする場合、やはりネックになるのは収入面ですが、審査に通りやすい消費者金融ならキャッシングを利用できる可能性が十分にあります。
銀行系で申込をして審査に通らなかったとしても、消費者金融なら審査に通るということもあります。

 

また、期間限定で金利0円で借り入れすることができる消費者金融もあります。
大抵は1か月間と短い期間だけですが、その間は何度利用しても利息が付与されません。
前述したように消費者金融の金利はやや高めの設定となっているため、利息が一体いくらになるだろうかと不安になってしまいますが、金利が0円ならパートやアルバイトでもその期間は安心してキャッシングを利用することができます。
ただし、これは初めて契約する時のみ適用されるキャンペーンとなります。
過去に一度でも利用したことがある消費者金融だと金利0円キャンペーンが適用されないこともありますので、過去に借り入れしたことがある人は利用条件をよく確認しておきましょう。

 

 

【まとめ】最低限の条件さえクリアできれば審査に通るのは難しいことではない!

パート、アルバイトは正社員に比べると雇用形態や収入面でも不安があり、審査に通りにくいと思いがちですが、正規雇用でなくてもキャッシングを利用している人は多数います。
審査に通るために必要なのは、まず今回解説した最低限の条件をクリアし、必要書類を漏れなく提出することです。
これらのポイントを抑えておけばパートやアルバイトで働いている方もキャッシングの利用は決して難しいことではありません。
特に、一度金融事故を起こしてしまうと、その情報が掲載されてその間は何も融資が受けられませんので気をつけなければなりません。
日頃からクレジットカードやキャッシングの利用の仕方には十分に注意しておきましょう。

 

 

 

パート・アルバイトがキャッシングの審査に通るために必要なこと

アコム

パート・アルバイトがキャッシングの審査に通るために必要なこと

  • 受付時間:8:00〜21:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
ガイダンスに従い、タッチパネルを操作。困った時はオペレーターに相談ができるので、初めての方でも安心です。

パート・アルバイトがキャッシングの審査に通るために必要なこと

プロミス

パート・アルバイトがキャッシングの審査に通るために必要なこと

  • 受付時間:9:00〜22:00※一部21:00まで
  • 土日・祝日:可
タッチパネルでスムーズに申込み。受付時間は9時〜22時(一部21時まで)と融通が利くので、ゆとりを持って申込が可能です。

パート・アルバイトがキャッシングの審査に通るために必要なこと

アイフル

パート・アルバイトがキャッシングの審査に通るために必要なこと

  • 受付時間:9:00〜21:00
  • 土日・祝日:可
「配達時間えらべーる」を利用することで、本人様限定配送で希望の時間にカードの受取が可能なので、家族にバレる心配がありません。

パート・アルバイトがキャッシングの審査に通るために必要なこと

レイクALSA

  • 受付時間:9:00〜24:00(平日・土曜)
  • ※初めての場合は8:00〜22:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
  • ※融資日時は店舗によって異なります
5万円まで180日間無利息か今だけご契約額1万〜200万円まで60日間無利息のキャンペーン(9/1〜11/30)かが選べます!

パート・アルバイトがキャッシングの審査に通るために必要なこと

関連ページ

キャッシングするなら無人契約機で誰にもバレずに即日融資
大手の消費者金融には無人契約機と呼ばれる自動契約機があります。アコムで言う「むじんくん」がそうですね。無人契約機をフル活用してバレないキャッシングをしてみましょう。
キャッシングの審査は1時間で何を見ているのか?
最近の消費者金融はとにかく審査時間が短いのが特徴の1つです。申し込みから審査、融資まで1時間で完了という業者も存在しており、即日融資もいまや即時融資に近くなってきています。
土日祝など休日の急な出費にも審査から融資まで行えるキャッシング会社はある?
急な出費でお金がない。でもすぐにお金を借りたい。平日はもちろん土日祝でも審査から融資まで即日対応可能なキャッシング会社について解説してます。
キャッシング枠とショッピング枠の違いと利用時の注意点
クレジットカードのキャッシングを利用する方も多いとは思いますがショッピング枠との明確な違いは理解できていますか?分かりやすく解説していきます。
キャッシングの限度額を増やす方法とは
口座なしでも借りられるキャッシングはあるの?
低金利な銀行カードローンの広告に惹かれてみてみると【口座必須】ということが分かって即日融資を諦めたりしたことないですか?口座なんてなくても作れるキャッシングを紹介します。
口座の残高不足には、自動融資のキャッシング!安心しすぎには要注意!
銀行の口座と連動したキャッシングは非常に便利です。その便利な機能のひとつに自動融資がありますが、使い方を間違えると非常に危険ですのでしっかり理解しておきましょう。
在籍確認なしのキャッシングは法的にない!会社にバレない方法ならあります【裏技】
キャッシングをした時に会社への在籍確認はみなさん気になるところだと思います。周りにバレてしまうきっかけにならないか・・・バレたら変な噂がたつんじゃないか・・・そんなことを防ぐ方法もあります。
キャッシングには仮審査と本審査がある!その違いと注意すべき点とは
キャッシングの審査には仮審査と本審査があります。消費者金融と銀行での違いや気をつけておくべき注意点などを解説します。
キャッシング審査が通らない!信用情報の開示請求をしましょう
キャッシング会社やクレジットカードの審査をどこも通過できない!もしかすると知らぬ間にブラックリスト入りしているかも!?個人信用情報機関で登録されている信用情報の開示請求方法から金融事故情報まで詳しく解説しています。
キャッシング申し込みで職場や家族にバレない方法とは?
おかなを借りる時にカードローンやキャッシングを利用することがありますが、一番心配なのは職場や家族にバレてしまわないかということ。バレないための対策を伝授します。
収入証明不要っていくらまで?キャッシングに必要な書類について
収入証明不要って言葉はよく聞くけど実際にいくらまでなら不要なのか?また同時に準備しておくべきキャッシング申込の必要書類は?そんな書類関連を徹底解剖!
借りすぎ&貸しすぎ対策!総量規制について
キャッシングを利用する際、いくらでもお金を借りることができるわけではありません。法律を改正して融資上限額を年収の3分の1までとした「総量規制」について詳しく解説しています。