リボ払い 多重債務

MENU

多重債務の入り口!リボルビング払い(リボ払い)の危険性とは?

カードローンは、いざというときに即日融資でお金を借りることができる心強い味方ですね。
でも、便利な反面、つい使い過ぎてしまった経験がある方は多いかもしれません。
そんなときは、返済をリボ払いにしておけば少額で済むため、難を逃れることができます。

 

ただ、リボ払いは魅力だけでなく危険性もあります。
しかもその危険性を正確に把握いていなければ、後々大変なことになりかねません。

 

このページでは、リボ払いのメリットだけでなくデメリットについても丁寧に触れていきます。
これからカードローンの利用を検討していたりすでに利用をしていたりする方は、後から損をしたと思わないためにも一度だけでも目を通しておくことをオススメします。

 

参考:カードローンは借りたら返済が当たり前!無理なく返せる生活のコツ教えます

 

便利で使いやすい?リボ払いのメリットはこれ!

 

カードローンの返済で、リボ払いにしておくメリットについて説明しておきます。

 

以下にリボ払いの魅力を挙げましたので、まずは確認してみてください。

  • 毎月の返済額を一定に抑えられる
  • 毎月の返済負担自体は軽くなる

 

毎月の返済額を一定に抑えることができれば、返済の管理がしやすくなります。
たとえば、仮に借入10万円までは返済額は5,000円に定まっているとしましょう。
10,000円借りた場合でも50,000円借りた場合でも返済額は5,000円で構わないため、毎月の返済額を一定に抑えることができていますし、ひいては返済負担自体は軽くなります。

 

金欠のときにお金を借りて余裕のあるときにきちんと返していく予定を立てられる方は、リボ払いのメリットを受けることができるでしょう。
一方、カードローンを一括返済する場合は、50,000円を借りた場合、50,000円+利息を支払わなければなりません。

 

もちろん人によって家庭の懐事情は異なりますし、返済月に余裕があればそこまで負担に感じないかもしれませんが、金欠の月であればキツイと思うのではないでしょうか。
ただ、一括払いの方が借入期間は短く、利息負担は少なく済みます。
リボ払いにせよ一括払いにせよ、どちらも一長一短がありますので、どちらかが絶対的に優れているという判断はできません。

 

次の項目では、返済の仕方の違いについて紹介していきましょう。

 

返済には種類がある!一括払い・分割払い・リボ払いとは?

 

前回の項目でも少し触れましたが、返済には種類があります。

 

具体的には、

  • 一括払い
  • 分割払い
  • リボ払い

以上の3種類を挙げることができます。

  • 一括払いとは、借入した金額を一括で返済することです。
  • 分割払いとは、借入した金額に利用者が支払い回数を指定して返済することです。
  • リボ払いとは、借入した金額にカードローン会社が指定した毎月一定の金額を返済することです。

 

金融業者は基本的にリボ払いを採用していますが、一括払いに対応しているところもあります。
しかし、一括払いを行う場合は、事前に連絡しておく必要がある場合もありますので、借入先のコールセンターに電話連絡するなどして確認するようにしておきましょう。

 

また、リボ払いとはいえ「繰り上げ返済」は可能です。
繰り上げ返済とは、毎月の最小返済額に追加してお金を返すことで、ボーナスや年末調整などでお金に余裕のあるときは、積極的に利用するべきでしょう。
というのも、繰り上げ返済したお金は元金充当分に回してくれるため、少しでも早く完済したいと考えている方は、利用しない理由がありません。

 

以上のように様々な方法でお金を返すことができますが、次項ではリボ払いの種類について詳しく解説していきましょう。

 

リボ払いの種類とは?それぞれのリボ払いについて徹底解説!

 

リボ払いには、複数の種類があります。
種類によって返済額や返済総額に差を設けており、単純に毎月の約定返済額が少ないから選ぶ、ということはオススメできません。
それぞれのスペックについてよく理解しておくことが、リボ払いと上手に付き合う第一歩になると言っても過言ではありません。

 

それでは、以下にリボ払いの種類について挙げておきますので、まずは確認してみてください。

  • 元利定額リボルビング方式
  • 元利定率リボルビング方式
  • 元金定額リボルビング方式
  • 元金定率リボルビング方式
  • 残高スライド元利定額リボルビング方式
  • 残高スライド元金定率リボルビング方式
  • 残高スライド元金定額リボルビング方式
  • 残高スライド元金定率リボルビング方式

上記の8種類のうち、各カードローン会社が採用しているリボ払いは異なります。

 

ここからさらに細かく分けていきましょう。

  • 元利
  • 元金
  • 定率
  • 定額
  • 残高スライド

 

【元利】

元利は、約定返済額に利息を含んで返済する方法です。
たとえば、返済額が20,000円として、利息は2,000円だった場合、元金充当分は1,8000円になります。
返済日に20,000円支払えば問題ありません。

 

【元金】
元金は、約定返済額に利息を加えて返済する方法です。
たとえば、返済額が20,000円として、利息は2,000円だった場合、元金充当分は20,000円になります。
返済日には、20,000円(元金)と2,000円(利息)を加えて、合計22,000円支払う必要があります。

 

【定率】
定率は、利用残高の割合に応じて決定します。
返済が進むにつれて利用残高は減りますから、支払う金額は減っていく特徴があります。

 

【定額】
定額は、決まった金額を最初から最後まで返していきます。
たとえば、100,000円を借りて毎月の返済額が10,000円と決まっていた場合、完済まで毎月10,000円を支払っていきます。

 

【残高スライド】
残高スライドは、定率と定額を組み合わせたような方式です。
借入残高によって返済率を決めており、残高に応じて返済する金額が変わります。
たとえば、借入限度額が100万円あったとして、50万円〜100万円までは返済率が10%、50万円以下は20%などと設定しているとしましょう。
借入残高50万円までは返済率10%のままですが、それ以下になれば返済率20%の状態に切り替わって返済しなければなりません。

以上に説明してきましたように、リボ払いとはいえ様々あります。

 

カードローン会社では、元金定額リボルビング方式や元利定率リボルビング方式といった記載がありますので、借入先はどうなっているのかよく調べておきましょう。

 

とにかく「元利」であれば返済額に利息を含む、「元金」であれば返済額に利息を足して支払う必要があると覚えれば簡単です。
基本的に元利よりも元金の方が返済額が多くなりますが、元金充当分が多いため、早く完済できるメリットがあります。
また、いずれにせよ繰り上げ返済を有効的に利用することで、なるべく早く借金を減らすように努力することが大事でしょう。

 

リボ払いのデメリットとは!?借金が減らない原因になっている!?

 

リボ払いの最大のデメリットは、借金が減りづらい性質を持っていることです。
そして、利用したばかりに多重債務の入口に立ってしまう人も少なくありません。

 

リボ払いは毎月の返済額が一定で決まっていますので、返済期間が長引いてしまいがちです。
長引くあいだに収入が格段に増えればそこまで心配はありませんが、そういったことは滅多にないでしょう。

 

どころか急な出費や転職などがあれば、さらに借金を重ねてしまいかねません。
また、当たり前のことですが、返済期間が延びるほどに利息は多く支払っていますので、生活費を圧迫してしまう原因にもなります。

 

無計画にリボ払いを続ければ、借金を返すために借金を重ねる自転車操業になってしまう可能性も充分あります。
何度もしつこくなりますが、リボ払いは最小返済額を返済し続けるだけでなく、財布に余裕のあるときは積極的に繰り上げ返済をしていきましょう。

 

【まとめ】カードローンのリボ払いは上手に付き合おう!上手に付き合えば便利な返済方法!

 

以上に説明してきましたように、カードローンのリボ払いはメリットもデメリットもあります。
メリットは、毎月の返済額が一定のため、返済月の負担自体は少ないです。

 

一方、デメリットは、返済総額や返済期間が長引くことで、完済まで時間がかかればかかるほどに多くの利息を支払わなければなりません。
返済のために他のカードローン会社でお金を借りて、といったことを繰り返せばあっという間に多重債務者になってしまうでしょう。
多重債務者になった場合は、完済まで節約する強い気持ちを持つか、おまとめローンで一本化するか、債務整理を行うか、といった選択肢から選ぶ必要があります。

 

しかし、いくら強い気持ちで完済を目指そうとしても、出費は突然やって来ますし、なんらかの理由で返済が滞ってしまう可能性はあるでしょう。
また、格段に収入を増やすことは難しいですし、債務整理を行えば今後ローンを組めなくなるかもしれません。

 

将来的に住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードなどを所有したいと思っている人は、そう簡単に債務整理に踏み込むこともできないはずです。
以上のようにカードローンのリボ払いは、便利な反面に危険性を孕んでいます。
よく理解したうえで計画的にリボ払いを使えば、生活にゆとりをもたらすかもしれません。
これからカードローンの利用を検討していたり、現在利用している人は、もう一度リボ払いという返済方式をこの機会に考えてみてはいかがでしょうか。

 

参考:即日融資キャッシングでお金を借りたいなら銀行系の消費者金融が安心最速!

 

多重債務の入り口!リボルビング払い(リボ払い)の危険性とは?

アコム

多重債務の入り口!リボルビング払い(リボ払い)の危険性とは?

  • 受付時間:8:00〜21:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
ガイダンスに従い、タッチパネルを操作。困った時はオペレーターに相談ができるので、初めての方でも安心です。

多重債務の入り口!リボルビング払い(リボ払い)の危険性とは?

プロミス

多重債務の入り口!リボルビング払い(リボ払い)の危険性とは?

  • 受付時間:9:00〜22:00※一部21:00まで
  • 土日・祝日:可
タッチパネルでスムーズに申込み。受付時間は9時〜22時(一部21時まで)と融通が利くので、ゆとりを持って申込が可能です。

多重債務の入り口!リボルビング払い(リボ払い)の危険性とは?

アイフル

多重債務の入り口!リボルビング払い(リボ払い)の危険性とは?

  • 受付時間:9:00〜21:00
  • 土日・祝日:可
スマホアプリを利用すればカードレスキャッシングが可能!あなたのスマホがカード代わりになります!

多重債務の入り口!リボルビング払い(リボ払い)の危険性とは?

レイクALSA

  • 受付時間:9:00〜24:00(平日・土曜)
  • ※初めての場合は8:00〜22:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
  • ※融資日時は店舗によって異なります
5万円まで180日間無利息か今だけご契約額1万〜200万円まで60日間無利息のキャンペーン(9/1〜11/30)かが選べます!

多重債務の入り口!リボルビング払い(リボ払い)の危険性とは?

関連ページ

キャッシングで生活費を賄う前に知っておくべき注意点
生活費が苦しくてやむなくキャッシングを検討しているという方もいらっしゃると思います。少し落ち着いて利用前に注意点は把握しておきましょう。
キャッシングは借りたら返済が当たり前!無理なく返せる生活のコツ教えます
キャッシングでお金を借りることができて一安心する人が多いのですが、その後には返済という負担が待っています。無理なく返済していくための生活のコツをお伝えします。
多重債務の状態で新たにお金を借りることはできる?年収次第では新規は無理です。
多重債務になって返済に困ってくると新規の借入先を探して審査に落ちるというループに陥ります。実際多重債務で新規に借り入れはできるのでしょうか?年収との関連性に注目です。