即日融資キャッシングの基礎知識

MENU

キャッシング審査が通らない!信用情報の開示請求をしましょう

信用情報とは?

 

私たちの生活の中で直接現金で取引をせず、ローンを組んで住宅や車を購入したり、クレジットカードで物やサービスを購入したりすることは日常でよく行われています。
これら現金を使わずに個人の信用に基づく取引のことを信用取引といい、信用取引の情報(契約内容・支払状況・残高など)を信用情報といいます。
信用情報の履歴は国が指定する3つの個人信用情報機関によって登録・管理されています。

 

略称 信用情報機関 主な会員
CIC 株式会社シー・アイ・シー クレジット会社及び信販会社など
JICC 株式会社日本信用情報機構 消費者金融及び信販会社など
JBA(KSC) 一般社団法人全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター 銀行、信金、農協、銀行系カード会社など

 

通常これらの機関に登録された信用情報は各々で記録・管理されていますが、金融事故情報(ブラックリスト)は「CRIN」と呼ばれるネットワークを通じて相互利用されます。

 

金融事故情報(ブラックリスト)って?

 

ローンやクレジットカード申込時に他社の借り入れ状況、年収、勤務先、勤続年数などを自己申告しますが、審査に有利になるよう虚偽の記載をしたり、知られたくないことを隠しても、相手方に信用情報を調べられることによって嘘がすぐにバレます。
あなたがお金を貸す側の立場になった場合信用できない人にお金を貸すことができますか?
自分の過去と現在の状況を正確に把握して、相手方に情報を伝えることが信用につながるため、嘘は絶対に禁物です。。
けれども正確な情報を伝えたのに、どこも審査を通らない場合もあるかもしれません。
その時は個人信用情報機関に開示請求をすれば、自分の信用情報を開示してもらうことができるので、一度確認することをオススメします。
個人信用情報機関に登録される信用情報は契約状況や属性だけではなく、過去の延滞や債務整理、自己破産などの金融事故情報も一定期間登録されます。
この事故情報が登録されている状態を「ブラックリストに登録されている」と言います。
金融事故を起こした方は、今の年収が高くても新しいクレジットカードを作成したり、ローンを組むことが難しくなります。
金融事故の代表的な例を挙げてみます。

種類 内容 登録機関
長期延滞 債務を2〜3ヶ月以上延滞すること 5年間
代位弁済 債務を延滞することにより、債務を保証会社等が支払いを行うこと 5年間
債務整理 法的に債務を減額等する手続を行うこと※注 5〜10年間
協会停止 日本貸金業協会の貸付自粛制度を利用すること 5年間

 

※注 破産・任意整理・特定調停・民事再生(個人再生)等

 

上記のような金融事故を起こすと、信用情報に最長10年間記録が残るため、その期間はローン等の審査に通りません。(長期延滞は、延滞解消の記録があれば審査落ちにならないケースもあります。)

 

 

携帯電話料金の滞納でブラック

 

驚かれるかもしれませんが、携帯電話の月々の支払を2〜3ヶ月以上延滞してしまうことでも信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。
これは携帯電話の端末を分割購入することによって、ローン払いと同じ仕組みになっているからです。
NTTドコモがCIC、JICCに加盟しているように各携帯キャリア会社はいずれかの信用情報機関に加盟しています。
もちろん携帯電話の本体購入を一括で支払いすれば、信用情報機関に登録されることはありませんが、現在の携帯最新機種の購入代金はかなり高額なため、分割購入される方のほうが多いと思います。
こういった情報は携帯購入時に店員から丁寧に説明もないですし、誰も教えてくれないことなので、例えば留学や長期旅行や入院等で電話料金を滞納して自分でも気づかないうちにブラックにならないよう気をつけましょう。

 

このような事故情報や過去の支払履歴も信用情報の開示請求をすることで、自分で忘れていた情報を確認することができます。

 

信用情報の開示請求方法

 

CICは早くて便利なインターネット開示がオススメ!

 

CICでは、インターネット、郵送、窓口(全国7ヶ所)という3種類の請求方法があります。
早くて便利なのでインターネット開示がオススメです。
パソコンだけでなく、スマートフォンからも利用可能です。
CICにはクレジットカード利用に関する信用情報が登録されています。
開示請求をする際はクレジット契約で利用した電話番号から番号発信通知をして、受付番号を取得する必要があります。
受付番号や必要事項を入力したら、開示報告書をPDFファイルでダウンロードできるようになります。
また、手数料(1,000円)を決済するため、クレジットカードを準備が必要がです。
即時閲覧が可能なので、すぐに確認したいという方にオススメです。

 

窓口へ来店手続きの場合は本人確認書類と手数料(500円)を用意して窓口へ行き、タッチパネル端末機で必要事項を入力操作し、本人確認が済めば開示報告書はその場で受領可能です。

 

また、インターネット環境がない、窓口へ行くのも難しいという方は、郵送での開示請求も可能です。
ゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書(1,000円)と開示申込書、本人確認書類を郵送すると10日程度で開示報告書をの受領が可能です。

 

専用アプリの利用可能なJICC!

 

JICCもスマートフォン、郵送、窓口(東京or大阪)の3種類の請求方法があります。
手数料はCICと同じでスマホ、郵送は1,000円、窓口では500円です。
スマホの場合は、「スマートフォン開示受付サービス」という専用のアプリをダウンロードして手続きを行います。
申込み内容入力後、本人確認書類を撮影してデータを添付送信し、手数料の支払い方法を選択するだけの簡単な操作で完了です。
24時間365日申込可能ですが開示申込書は後日、郵送で届きます。
すぐに閲覧できるというわけではないので注意しましょう。
郵送申込みは、CICと同様に定額小為替証書(1,000円)と開示申込書、本人確認書類を準備しましょう。
書類に問題がなければ1週間?10日程度で開示報告書が郵送されてきます。
すぐに信用情報を確認したい場合は、窓口で開示請求をしましょう。
必要書類は開示申込書、本人確認書類、現金(500円)を窓口で提出しましょう。

 

JBAの開示請求方法は郵送手続きのみ!

 

JBAでは窓口での開示請求方法は郵送での手続きのみとなります。

・登録情報開示申込書
・定額小為替証書(1,000円)
・運転免許証やパスポート、健康保険証などの本人確認書類いずれか2種類

上記の書類を信用情報センターへ郵送しましょう。
問題がなければ1週間から10日程度で開示報告書を受け取ることができます。

 

信用情報まとめ

 

個人信用情報機関には、クレジットカードやローンに関する様々な個人信用情報が登録されています。
ここに登録されている信用情報は開示請求を行うことで、自分で確認することも可能です。
開示請求方法にはインターネットや郵送、窓口などいくつか選択肢があり、早いものでは即時、遅くても10日程度で情報の閲覧が可能です。
もしも身に覚えがないのに審査に落ちてしまうという方は、開示請求を行って信用情報に問題がないかチェックしてみましょう。
自分でも忘れていた過去の延滞などが原因で金融ブラックになっている可能性もあります。
また金融事故情報に限らず、自分の契約状況や返済状況を把握しておくことは、今後の人生設計をするうえでも非常に大切なことです。
いずれの手続きも難しいものではありません。
現在過去の借入状況や不明な点がある方は、開示請求制度を利用して自分の状況を一度確認することをオススメします。

 

 

 

関連ページ

キャッシングするなら無人契約機で誰にもバレずに即日融資
大手の消費者金融には無人契約機と呼ばれる自動契約機があります。アコムで言う「むじんくん」がそうですね。無人契約機をフル活用してバレないキャッシングをしてみましょう。
キャッシングの審査は1時間で何を見ているのか?
最近の消費者金融はとにかく審査時間が短いのが特徴の1つです。申し込みから審査、融資まで1時間で完了という業者も存在しており、即日融資もいまや即時融資に近くなってきています。
土日祝など休日の急な出費にも審査から融資まで行えるキャッシング会社はある?
急な出費でお金がない。でもすぐにお金を借りたい。平日はもちろん土日祝でも審査から融資まで即日対応可能なキャッシング会社について解説してます。
キャッシング枠とショッピング枠の違いと利用時の注意点
クレジットカードのキャッシングを利用する方も多いとは思いますがショッピング枠との明確な違いは理解できていますか?分かりやすく解説していきます。
キャッシングの限度額を増やす方法とは
口座なしでも借りられるキャッシングはあるの?
低金利な銀行カードローンの広告に惹かれてみてみると【口座必須】ということが分かって即日融資を諦めたりしたことないですか?口座なんてなくても作れるキャッシングを紹介します。
口座の残高不足には、自動融資のキャッシング!安心しすぎには要注意!
銀行の口座と連動したキャッシングは非常に便利です。その便利な機能のひとつに自動融資がありますが、使い方を間違えると非常に危険ですのでしっかり理解しておきましょう。
在籍確認なしのキャッシングは法的にない!会社にバレない方法ならあります【裏技】
キャッシングをした時に会社への在籍確認はみなさん気になるところだと思います。周りにバレてしまうきっかけにならないか・・・バレたら変な噂がたつんじゃないか・・・そんなことを防ぐ方法もあります。
キャッシングには仮審査と本審査がある!その違いと注意すべき点とは
キャッシングの審査には仮審査と本審査があります。消費者金融と銀行での違いや気をつけておくべき注意点などを解説します。
パート・アルバイトがキャッシングの審査に通るために必要なこと
パートやアルバイトでもキャッシングをすることはできます。しかし、会社員や公務員と比べれば審査に通リ憎いのは間違いありません。通るために最低限必要なことは覚えておきましょう。
キャッシング申し込みで職場や家族にバレない方法とは?
おかなを借りる時にカードローンやキャッシングを利用することがありますが、一番心配なのは職場や家族にバレてしまわないかということ。バレないための対策を伝授します。
収入証明不要っていくらまで?キャッシングに必要な書類について
収入証明不要って言葉はよく聞くけど実際にいくらまでなら不要なのか?また同時に準備しておくべきキャッシング申込の必要書類は?そんな書類関連を徹底解剖!
借りすぎ&貸しすぎ対策!総量規制について
キャッシングを利用する際、いくらでもお金を借りることができるわけではありません。法律を改正して融資上限額を年収の3分の1までとした「総量規制」について詳しく解説しています。