収入証明書不要 100万円 カードローン

MENU

収入証明不要っていくらまで?キャッシングに必要な書類について

キャッシングを利用する際には、まずそれぞれ決められた流れに沿って申し込みを行います。
各業者によって必要書類、申込用紙やサイトへの記入事項は異なってきますが、おおまかにはあまり変わりありませんので、一般的な流れについて説明していきます。

 

利用したい商品への申込は、ホームページ上からであれば所定の申込ページに決められた項目を入力していきます。
書面での申込なら、同様に用紙に要求された内容を記入していきます。
必要とされる記入事項は、住所・氏名・電話番号・家族構成といった個人情報とともに、勤務先の情報・年収・勤続年収など、そして借入希望額などが必須となっています。

 

すべての項目を記入または入力したら、同時に業者から要求される必要書類を提出します。書類は主に申込者本人であることを証明できる本人確認書類、たとえば運転免許証や健康保険証、パスポートといった書類とともに、返済能力があるかどうかを判断することのできる収入証明書の提出が必要になる場合もあります。

 

これらの書類を用意して、書類での提出であれば同時に郵送あるいは店舗へ提出し、ネットからの申込であれば書類のデータを取り込んでアップロード、といった流れになります。
その後は業者側の審査に入り、提出した書類と個人信用情報機関の情報を用いて借入に問題のない条件を満たしているかどうかの判断が行われ、その後申込者に審査通過か否かの回答が入ります。

 

とても複雑な工程を踏んでいるように思えますが、大手消費者金融のアコムアイフルプロミスなどであれば、1時間以内で即日融資も受けられます。

 

 

収入証明書とはそもそも何?どうやって手に入れるの?

ではここで必要となる、収入証明書とはどういった書類のことを指すのでしょうか。

 

収入証明書とは、その字のまま利用者自身が収入をどれだけ得ているかを勤務先などの第三者から証明するもので、収入により返済能力があることを客観的に示すための書類です。
といっても収入証明書、という名前の書類が存在するわけではなく、一般的には以下の書類を用います。

 

サラリーマンであれば、年末の時期に勤務先から渡される「源泉徴収票」。
または、「住民税決定通知書」。
個人事業主であれば「確定申告書」や「納税証明書」。
これらが一般的な収入証明書として使える書類です。

 

源泉徴収票は勤務先が発行する書類なので、手元からなくしたのであれば勤務先へ要求すれば通常は再発行してもらえます。

 

住民税決定通知書は5月下旬ごろに同様に勤務先から交付される書類です。この通知書を紛失した場合には再発行できませんので、役所に依頼して手に入る「課税証明書」が代用となります。

 

ほかにも数か月分の給与明細書で代用できるという業者もありますので、これらの書類の用意が難しければ、消費者金融の公式ホームページで申込事項を確認してみると良いでしょう。

 

消費者金融はいくらから収入証明書が必要?

収入証明書は申し込み時に必ず提出しなくてはいけないという書類ではありません。場合によっては収入証明書が不要ということもありますが、近頃ではある一定の額以上になれば収入証明書の提出が義務化されているところがほとんどです。

 

では、まずは消費者金融の場合にはいくらから収入証明書が必要になってくるかを説明すると、これは貸金業法の規定により借入希望額を50万円以上とした場合には提出が必須となっています。また、借入希望額と他社からの借入額の合計金額が100万円を超える場合にも必要です。

 

参考:

 

銀行の場合は消費者金融とどう違う?要注意な点を確認!

一方、銀行の場合はどうかというと、貸金業法ではなく銀行法のもとで営業しているため、各行一律の規定はありません。そのため、銀行によって収入証明書が必要となる借入希望額の基準はバラバラで、数百万もの借入希望でも収入証明書は不要なところもあります。

 

ただ、昨今銀行は金融庁の指摘を受け、ローン事業の見直し、是正を勧告されました。
これは返済能力を精査せずその能力を超えた契約を多く行い、結果、債務超過に陥る利用者が増えたことを請けてのものでした。

 

その動きを受け、メガバンクでは既に収入証明書の提出を消費者金融と同様に50万円以上の場合、もしくは原則必要とする、というところが増えてきています。
ネット専業銀行ではまだ数百万円の借入でも収入証明書を不要としているところもありますが、時勢の流れがありますので今後の動きには注意が必要です。

 

 

そもそも、収入証明書を提出することで所得を把握し、借入希望額とその返済のバランスに無理がないかを適正に判断するというのは、健全にローン商品を販売、運営していくためには当然なことは確かです。

 

今回の規定の変化は、利用者側にとっては審査が厳しくなり不便になったと感じることもあるでしょう。
けれども、借りる資格があるかどうかをしっかりと判断してもらうことは、自分自身が後々の返済に困らないかを業者側から考えてもらっているともいえます。

 

ですので、自分の希望額自体に無理があったのだと考えを改めて、借入希望額を減らしたり、他の切り抜け方法を考えていくなどして、気持ちを切り替えていきましょう。

 

変わりつつあるキャッシング事情と借りたいあなたの心構え

銀行がローン事業についてお咎めを受けたよりも何年も前、今回同様に債務超過者の増加が問題となった結果、貸金業法が改められました。
これにより債務超過者を生み出していた原因のひとつである「グレーゾーン金利」が撤廃されるなどして、消費者金融業界においてクリーンアップが図られました。

 

今回の銀行カードローン事業の是正勧告も同様に、借金に困る人を減らすための行政側の対応策です。

 

利益を優先した銀行に問題がないわけではありませんが、利用者側も本来は自身が申し込み時点できちんと返済できるかを判断しておかなくてはいけないところを、銀行が許すのだから良いだろうと甘えていた部分があったのではないでしょうか。

 

キャッシングはお金を借りて終わりではなく、完済し終えてやっと契約完了となるものです。その約束を違えないように、借りるときに自分がちゃんと返済できるかを考慮した上で申し込みをしなくてはいけません。

 

そしてお金が必要となったときには、キャッシング以外に方法はないのかを検討し、借入れする場合も必要最低限の借入にとどめて、将来の返済にかかる負担を減らすように考えることが大事です。

 

借入残高は、将来の自分への負債です。
そのことを忘れずに、しっかりとした返済計画のもとでキャッシングの利用を考えていきましょう。

 

 

収入証明不要っていくらまで?キャッシングに必要な書類について

アコム

収入証明不要っていくらまで?キャッシングに必要な書類について

  • 受付時間:8:00〜21:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
ガイダンスに従い、タッチパネルを操作。困った時はオペレーターに相談ができるので、初めての方でも安心です。

収入証明不要っていくらまで?キャッシングに必要な書類について

プロミス

収入証明不要っていくらまで?キャッシングに必要な書類について

  • 受付時間:9:00〜22:00※一部21:00まで
  • 土日・祝日:可
タッチパネルでスムーズに申込み。受付時間は9時〜22時(一部21時まで)と融通が利くので、ゆとりを持って申込が可能です。

収入証明不要っていくらまで?キャッシングに必要な書類について

アイフル

収入証明不要っていくらまで?キャッシングに必要な書類について

  • 受付時間:9:00〜21:00
  • 土日・祝日:可
「配達時間えらべーる」を利用することで、本人様限定配送で希望の時間にカードの受取が可能なので、家族にバレる心配がありません。

収入証明不要っていくらまで?キャッシングに必要な書類について

レイクALSA

  • 受付時間:9:00〜24:00(平日・土曜)
  • ※初めての場合は8:00〜22:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
  • ※融資日時は店舗によって異なります
5万円まで180日間無利息か今だけご契約額1万〜200万円まで60日間無利息のキャンペーン(9/1〜11/30)かが選べます!

収入証明不要っていくらまで?キャッシングに必要な書類について

関連ページ

キャッシングするなら無人契約機で誰にもバレずに即日融資
大手の消費者金融には無人契約機と呼ばれる自動契約機があります。アコムで言う「むじんくん」がそうですね。無人契約機をフル活用してバレないキャッシングをしてみましょう。
キャッシングの審査は1時間で何を見ているのか?
最近の消費者金融はとにかく審査時間が短いのが特徴の1つです。申し込みから審査、融資まで1時間で完了という業者も存在しており、即日融資もいまや即時融資に近くなってきています。
土日祝など休日の急な出費にも審査から融資まで行えるキャッシング会社はある?
急な出費でお金がない。でもすぐにお金を借りたい。平日はもちろん土日祝でも審査から融資まで即日対応可能なキャッシング会社について解説してます。
キャッシング枠とショッピング枠の違いと利用時の注意点
クレジットカードのキャッシングを利用する方も多いとは思いますがショッピング枠との明確な違いは理解できていますか?分かりやすく解説していきます。
キャッシングの限度額を増やす方法とは
口座なしでも借りられるキャッシングはあるの?
低金利な銀行カードローンの広告に惹かれてみてみると【口座必須】ということが分かって即日融資を諦めたりしたことないですか?口座なんてなくても作れるキャッシングを紹介します。
口座の残高不足には、自動融資のキャッシング!安心しすぎには要注意!
銀行の口座と連動したキャッシングは非常に便利です。その便利な機能のひとつに自動融資がありますが、使い方を間違えると非常に危険ですのでしっかり理解しておきましょう。
在籍確認なしのキャッシングは法的にない!会社にバレない方法ならあります【裏技】
キャッシングをした時に会社への在籍確認はみなさん気になるところだと思います。周りにバレてしまうきっかけにならないか・・・バレたら変な噂がたつんじゃないか・・・そんなことを防ぐ方法もあります。
キャッシングには仮審査と本審査がある!その違いと注意すべき点とは
キャッシングの審査には仮審査と本審査があります。消費者金融と銀行での違いや気をつけておくべき注意点などを解説します。
パート・アルバイトがキャッシングの審査に通るために必要なこと
パートやアルバイトでもキャッシングをすることはできます。しかし、会社員や公務員と比べれば審査に通リ憎いのは間違いありません。通るために最低限必要なことは覚えておきましょう。
キャッシング審査が通らない!信用情報の開示請求をしましょう
キャッシング会社やクレジットカードの審査をどこも通過できない!もしかすると知らぬ間にブラックリスト入りしているかも!?個人信用情報機関で登録されている信用情報の開示請求方法から金融事故情報まで詳しく解説しています。
キャッシング申し込みで職場や家族にバレない方法とは?
おかなを借りる時にカードローンやキャッシングを利用することがありますが、一番心配なのは職場や家族にバレてしまわないかということ。バレないための対策を伝授します。
借りすぎ&貸しすぎ対策!総量規制について
キャッシングを利用する際、いくらでもお金を借りることができるわけではありません。法律を改正して融資上限額を年収の3分の1までとした「総量規制」について詳しく解説しています。